Original

クラブ一つひとつに心を込めて製作してまいりました

今まで数多くのクラブを製作してきた豊富な実績がございます

三田にてゴルフクラブを製作してきたゴルフ工房 縁は今まで多くのお客様にご利用いただき、信頼と実績を積み重ねてまいりました。そして、その実績が認められ、雑誌でも紹介されております。
製作時にはお客様と仕上がりのイメージを共有して、プレーの成績が向上するようなクラブを提供いたします。また、職人の細部までこだわった作業がご好評いただいております。当ページでも職人のこだわりが伝わるようにオリジナル情報の掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

ENISHI H-100 ウェッジ

スコアに直結するウェッジ選びは極めて重要です。
プロでも難しいウェッジは選ばず、なるべくシンプルにイメージした通りの弾道が出せるウェッジを好みます。となればアマチュアもそうするべきではないでしょうか。多くのゴルファーのミスはダフリやトップの二大ミス!その原因はヘッドのFP値が大(リーディングエッジが出っ歯形状)とローバウンス(ソール部後方の出っ張り)です。約20年前にタイガーウッズが活躍し、この形状のウェッジが流行り出し昨今もまだ続いている状態です。はっきり申し上げて、この形状のウェッジは日本の芝状態では不向きですし、非常に難易度が高く少々のミスも許してくれないのです。
ENISHI H-100ウェッジはFP値はセミグース設計で、バウンスも大きくそのようなミスを各段に軽減できる設計になっております。アプローチにお悩みの方、一度お試し下さい!お買い上げの際には、ウェッジアプローチのレクチャーもさせて頂いております。

NORMα(ノームアルファ) シャフト

シャフトを選ぶ時の基準はどうされていますか?
通常ヘッドスピードによって、速い方は硬目のシャフト。遅い方は柔らかめのシャフトとおおまかに区切るとそのような選び方をします。しかし本当にそれでいいのでしょうか?クラブセットで見てみると、ヘッドスピードが速いドライバーシャフトがセットで一番柔らかく、ヘッドスピードが遅いウエッジが一番硬いシャフトというのは矛盾しているのでは...。ドライバーよりウエッジのミスの方がミスの回数や度合いが少ないのは、長さの問題ではなく、シャフトの硬さによってミスが軽減されている事と考えるのが自然です。ご経験はありませんか?ドライバーの調子が悪いと、とめどなく曲がるとか、調子良かったのに突然右にドスライスなど。

「NORMα(ノームアルファ)シャフト」はミート率を各段にアップさせ、ご本人の調子によってのミスの回数・大きさを最小にとどめる目的で開発いたしました。ドラーバーだけが浮いた存在になっている方や最新ドライバーへの危惧・疑問のある方は是非試して頂きたいです。

クラブの製作を検討されている方へ向けて、今まで製作してきたクラブをギャラリーページにて掲載しております。今までの多くのお悩みやご要望と向き合う中で独自の理論を確立し、クラブの製作に活かしてまいりました。ミート率や飛距離の向上させるためには、自身に合うクラブや使い分けなどがポイントです。そのため長年の研究で培ってきたノウハウを余すことなくクラブ製作に反映させております。その積み重ねが信頼につながり、現在ではたくさんのお客様からご相談をいただいている工房です。
お客様のプレースタイルをしっかりと把握してクラブ製作を行っておりますので、安心してお任せいただけます。ギャラリーページからもそのこだわりが伝わるよう、わかりやすく更新しております。もちろんクラブ診断やグリップ交換なども承っておりますので、ギャラリーページも参考にしていただき、ぜひご来店ください。